キャリアアップ

卒後2年目以降も充実した部署内教育と集合教育で成長

クリニカルラダーのはしごを上り、エキスパートや管理者を目指すことができます。

クリニカルラダーレベルⅡの教育 — 現場教育プログラム(2年目・3年目)
レベルⅠ(新人)から継続した部署内教育と集合研修で一人前へ成長
レベルⅡでは、「看護実践能力」の向上に力を入れています。新人から継続した現場教育プログラム(2年目・3年目)と集合研修を連動させ、一人前を目指します。
卒後2年目においては、多重課題シナリオシミュレーションが特徴です。
業務における多重課題についてのシナリオシミュレーションを通して、的確な観察とアセスメントに基づいた優先順位の判断、確実な報告・連絡・相談する力を身につけます。
クリニカルラダーレベルⅢの教育
リーダーシップ研修、プリセプター研修を通して中堅へステップアップ
レベルⅢでは、「管理」「教育」「研究」の能力を高める研修と役割研修を中心に行っています。
質の高い看護を目指し、専門分野別の研修を組み入れています。特に一年間かけて行う実践型のリーダーシップ研修に力を入れています。
クリニカルラダーレベルⅣの教育
看護研究、新人教育担当者役割を通して、あらゆる活動を推進できる達人へ
レベルⅣでは、「管理」「教育」「研究」の能力を更に高める研修と役割研修を中心に行っています。臨床看護研究に力を入れており、研究計画書作成から実施、学会発表に至る研究プロセスを辿る中で、現場の実践をより良く変える推進者へと成長します。そのほか役割研修では、特に、新人教育担当者研修に力を入れています。
新人が活き活きと成長するためには、指導者の効果的な関わりが鍵になります。当院では、指導者の能力向上のため、現場で新人を指導する新人教育担当者とプリセプターの相互研修を行っています。日々の新人指導をリフレクションし、指導者自身の気づきから新人教育の質向上を目指します。
管理者の育成
研修を通して、管理者自ら「育て育ちあう」職場風土を醸成
管理者の育成にも力を入れ、マネジメントの質向上を目指しています。
実践型の研修を通して管理者が創造した成果物を現場の新人教育に活用しています。
静脈注射認定制度
看護師は医師の診療補助行為として、静脈注射が実施できます。
当院では、新人看護師の教育の中に看護師静脈注射技術として、採血からいろいろな薬剤の扱い方、ポンプ等の機械の扱い方まで段階的にトレーニングを行っています。安全な技術を確保するため、看護師静脈注射技術を認定制として輸血まで実施できるコースがあります。
静脈注射認定制度
このページトップへもどる